【かかりつけ薬局】聞いたことの無い試み

便秘.comのヘッダー画像
HOME »管理者のコラム »【かかりつけ薬局】聞いたことの無い試み


【かかりつけ薬局】聞いたことの無い試み

久しぶりの投稿です。

なかなか新しい記事を投稿することができず、申し訳ございません。

今回のテーマは、かかりつけ薬局です。

かかりつけ医者は昔から行っている方法で、大抵の家庭ならかかりつけの医者を持っているケースが多かったのです。

ところが、大阪・東大阪市では、かかりつけ医者ならぬかかりつけ薬局制度の義務化を8月からの実施を調整していることが分かった。

最大の理由は、生活保護者のうち、生活保護費全体のおよそ4割が医療費関係で占め、過剰な診療や薬の投与の問題があるといいます。

過剰な投薬は、場合により薬の副作用がおきやすいなど、デメリットの方が大きいのです。

また、かかりつけ薬局を指定することにより、手帳の一元化により投薬の管理がしやすくなります。

東大阪市の動きを見逃せません。


【NHKアナウンサー】重傷を負っているので、業務に就けるのか

|ホームページTOPへ|

新タイプの便秘解消法。 »

スポンサーリンク

便秘解消カテゴリ


便秘解消法


便秘総合案内


過去記事




運営者の概要メニュー

  

RSS配信


  

スポンサーリンク

ページのトップへ戻る